SPRING FESTIVAL IN TOKYO about SPRING FESTIVAL IN TOKYO 关于东京・春・音乐节

Message

组委会委员长致辞


 絢爛たる黄金色の大きな木と化していた銀杏の葉が散り始めました。上野公園は、一日ごとに秋が深まり、冷たい冬を迎える準備をする季節となりました。桜の季節に花開く「東京・春・音楽祭」は、次の春に向けた準備が佳境をむかえる時期になります。今年の春、15年目を迎え、小さな区切りを終えた音楽祭は、将来に向かう可能性を広げながら、また、新しい一歩を踏み出しています。15周年では、指揮者のムーティさんと若い演奏家を育てていこうと、世界中から若い才能を募り、東京でのイタリア・オペラ・アカデミーを開始しました。また、バイロイト音楽祭と連携して、「子どものためのワーグナー」の上演を始めるなど、若い世代に音楽の遺産を残そうという試みも始まっています。その他、何年か経ったときに、新しい形として、プログラムに華を添えることになっていく企画もいくつか始めています。

 次の春のプログラムとしては、ワーグナー・シリーズはマレク・ヤノフスキ指揮《トリスタンとイゾルデ》リッカルド・ムーティ指揮《マクベス》、バイロイト音楽祭との提携による子どものためのワーグナー《トリスタンとイゾルデ》、ベートーヴェン生誕250年を記念する《ミサ・ソレムニス》、新しいシリーズとしてプッチーニのオペラのシリーズなど、過去、蓄積してきた試みを発展させるとともに、新しい様々な試みが始まる年になります。

 年ごとに充実させたいと努めてきた室内楽についても、皆様に新しい喜びを共有していただけるよう、プログラムの充実を図っています。

 ぜひ、「春の上野」を楽しみにしていただきたいと念願しています。

 高大的银杏树已经披上绚烂的金黄色,落叶缤纷。上野公园,正一步步迈入深秋,准备着迎接严冬的来临。明年春天樱花季的「东京·春天·音乐节」准备工作也已渐入佳境。今年春天度过了15岁生日,音乐节刚刚告别前面的乐章,又开始了拓展未知世界的新探索。15周年之际,配合指挥家穆蒂培养世界级年轻演奏家,我们从全球各地召集来青年英杰才俊,在东京创办了意大利歌剧学院。还与拜罗伊特音乐节合作,启动了“瓦格纳孩子专场”,开始尝试为年轻一代留下更多的音乐遗产。除此之外,还开始了一些新策划,以便为几年后的节目单锦上添花。

 先介绍一下明年春天的节目单,瓦格纳系列有由马列克·亚诺夫斯基指挥的《特里斯坦和里卡多》,由穆蒂指挥的《麦克白》, 由拜罗伊特音乐节合作方带来的,面向孩子们的瓦格纳《特里斯坦与伊索尔德》。纪念贝多芬250周年诞辰的《庄严弥撒》, 还有新的普契尼歌剧系列等, 不仅发掘弘扬以往积累下来的丰富尝试,而且推陈出新,继往开来。

 为了能让大家每年都可以共享新的喜悦,也在继续充实历年倾注无数心血的室内乐节目。
衷心期待大家享受“春天的上野”。

東京・春・音楽祭実行委員会
実行委員長 鈴木 幸一

東京・春・音楽节 实施委員会
实施委員長 鈴木 幸一

Copyrighted Image