PROGRAMプログラム

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2018-

東京春祭マラソン・コンサート vol.8ロッシーニとその時代(没後150年記念)
~混乱の世を生き抜く知恵と音楽

2018年に没後150年を迎えるイタリアの作曲家ロッシーニ。激しい変化の最中にあったヨーロッパに生を受け、数々の有名オペラで一世を風靡しながらも、早すぎる引退の後に悠々自適の人生を送った傑物の生き方に迫ります。

プログラム詳細

2018:03:25:19:00:00

■日時・会場
2018.3.25 [日][ 各回約60分 ]
東京文化会館 小ホール

企画構成・お話:小宮正安(ヨーロッパ文化史研究家/横浜国立大学大学院 都市イノベーション学府 教授)


【第Ⅰ部】11:00開演(10:45開場)
悲喜こもごものロッシーニ劇場
悲劇喜劇を問わず、傑作オペラを次々と作ったロッシーニ。時にオペラの結末を無理矢理作り変えることさえおこなった、彼ならではの処世術。


【第Ⅱ部】13:00開演(12:45開場)
辣腕興行師バルバィヤとの出会い
フランス革命、ナポレオンの台頭、保守反動の嵐...。乱世を逆手にとって頭角を現した稀代の興行師、バルバィヤとの交流に見る、若きロッシーニの姿。


【第Ⅲ部】15:00開演(14:45開場)
「ロッシーニ・フィーバー」の諸相
生誕の地イタリアはもとより、ウィーンやパリといったヨーロッパの大都市でも大成功を収め、話題をさらい続けたロッシーニ。彼の絶大な存在感がもたらした影響。


【第Ⅳ部】17:00開演(16:45開場)
英雄ウィリアム・テルの変容
ロッシーニにとって最後のオペラとなった《ウィリアム・テル》。革命の時代に市民階級の崇拝を集め、数多くの芸術家を魅了したスイスの英雄のイメージ。


【第Ⅴ部】19:00開演(18:45開場)
食えない男の痛快人生
37歳で実質的にオペラの筆を折ったロッシーニ。その後、40年近くに及ぶ「隠退」生活の中で生み出された作品に浮かび上がる、彼一流の世界観。


※ 詳細は決定次第、公式サイトならびにSNS、メールマガジン等でお知らせいたします。

チケットについて チケットについて

■チケット料金(税込)

席種 全席指定
1日券
(5公演通し券)
第Ⅰ部
(各回券)
第Ⅱ部
(各回券)
第Ⅲ部
(各回券)
第Ⅳ部
(各回券)
第Ⅴ部
(各回券)
料金 ¥7,700 ¥2,100

 ■発売日
  一般発売:2018年1月28日(日)10:00

チケット予約・購入 お買い物カゴ トリオ・チケット

※ 5公演通し券はチケットれすQおよびトリオ・チケットの対象外です。

主催:東京・春・音楽祭実行委員会 後援:日本ロッシーニ協会 協力:ウィーン楽友協会資料館



※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※やむを得ぬ事情により内容に変更が生じる可能性がございますが、出演者・曲目変更による払い戻しは致しませんので、あらかじめご了承願います。
※チケット金額はすべて消費税込みの価格を表示しています。
※ネットオークションなどによるチケットの転売はお断りいたします。

(2017/10/25更新)

ページの先頭へ戻る