PROGRAMプログラム

東京・春・音楽祭2019

アミハイ・グロス(ヴィオラ)
~シューマン、ブラームス、ショスタコーヴィチ

ベルリン・フィルの第1ソロ・ヴィオラ奏者であり、ソリストとして、また室 内楽の名手として様々な共演者からの信頼の厚いグロスによる、東京春祭での 初リサイタル。

プログラム詳細

2019:03:29:19:00:00

■日時・会場
2019/3/29 [金] 19:00開演(18:30 開場)
東京文化会館 小ホール

■出演
ヴィオラ:アミハイ・グロス
ピアノ:オハッド・ベン=アリ

■曲目
シューマン:幻想小曲集op.73[試聴]
 I. Zart und mit Ausdruck(柔らかく、表情豊かに)
 II. Lebhaft, leicht (活発に、軽やかに)
 III. Rasch und mit Feuer (急速に、燃えるように)
ブラームス:ヴィオラ・ソナタ 第1番 ヘ短調 op.120-1[試聴]
 I. Allegro appassionato
 II. Andante un poco adagio
 III. Allegretto grazioso
 IV. Vivace
ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ op.147[試聴]
 I. Moderato
 II. Allegretto
 III. Adagio

[アンコール]
シューマン:おとぎの絵本 op.113 より 第4曲

【試聴について】
[試聴]をクリックすると外部のウェブサイト「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」へ移動し、プログラム楽曲の冒頭部分を試聴いただけます。ただし試聴音源の演奏は、「東京・春・音楽祭」の出演者および一部楽曲で編成が異なります。


※当初発表の曲目より、一部変更となりました。

viola.pdf

チケットについて チケットについて

■チケット料金(税込)

席種 S席 A席 U-25
料金 ¥5,700 ¥4,100 ¥1,500
■発売日
先行発売:2018年12月2日 (日) 10:00
(先行対象の席種:S席 A席)
※締切日:2018年12月10日 (月) 18:00

チケット予約・購入 チケットれすQ お買い物カゴ トリオ・チケット 25

一般発売:2018年12月16日 (日) 10:00
※ U-25チケットは、2019年2月8日(金)12:00発売開始
(公式サイトのみでの取扱い)

■東京文化会館 小ホール

■曲目解説 PDFダウンロード

シューマン:幻想小曲集

原曲はクラリネットとピアノのための作品だが、他の楽器で演奏されることも多い。作曲は1849年。「柔らかく、表情豊かに」との指定がある第1曲は、情熱を秘めた内省的なフレーズで始まる。第2曲「活発に、軽やかに」では、テンポをあげてロマンティックなメロディを聴かせる。第3曲「急速に、燃えるように」は、たびたび現れる、急峻なテンポで上昇するモチーフが印象的。後半は、第1曲・第2曲のテーマを絡ませながら、華やかなフィナーレを築く。

ブラームス:ヴィオラ・ソナタ 第1番

老境に入り、創作力の減退を感じていたブラームスだが、1891年3月にマイニンゲンのクラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトと出会ったことで、再び創作のミューズが微笑むこととなった。1891年のクラリネット三重奏曲とクラリネット五重奏曲に続き、1894年に生み出されたのが2つのクラリネット・ソナタ。一般的にはこの2曲がブラームスの最後の室内楽曲とされているが、実はヴィオラのための編曲がそのあとになされている。初演は2曲とも、ミュールフェルトとブラームス自身により、1895年1月7日にウィーンで行なわれた。  ソナタ形式の第1楽章は、いかにもブラームスらしい渋いテーマで綴られる。第2楽章では、陰影に富んだ叙情がゆったりと奏でられる。三部形式の第3楽章では、レントラー風の華やぎが一瞬、顔をのぞかせる。そしてロンド形式の終楽章に至り、清涼感と寂寞感を交錯させながら曲を閉じる。

ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ

ショスタコーヴィチ最後の作品で、死のわずか4日前(1975年8月5日)に完成した。ショスタコーヴィチの多くの弦楽四重奏曲を初演したベートーヴェン弦楽四重奏団の二代目ヴィオラ奏者フョードル・ドルジーニンに献呈され、レニングラードでの初演もドルジーニンがヴィオラを弾いた(ピアノはミハイル・ムンチャン)。  作曲者の示唆によると、モデラートの第1楽章は「短編小説」。ヴィオラのピツィカートによって開始される冒頭部分は、ベルクのヴァイオリン協奏曲に酷似している。アレグレットの第2楽章では、第8場までスケッチとして残された未完のオペラ《賭博師たち》からの抜粋が用いられている。アダージョの第3楽章は「ベートーヴェンへのオマージュ」。ヴィオラのモノローグのあと、《月光》ソナタを想わせるアルペジオがピアノによって奏でられる。その後、最果ての地を行く音の対話が続き、最後は人が息を引き取るように終曲する。

主催:東京・春・音楽祭実行委員会
後援:イスラエル大使館



※掲載の曲目は当日の演奏順とは異なる可能性がございます。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※チケット代金お支払い後における、お客様の都合による変更・キャンセルは承りません。
※やむを得ぬ事情により内容に変更が生じる可能性がございますが、出演者・曲目変更による払い戻しは致しませんので、あらかじめご了承願います。
※チケット金額はすべて消費税込みの価格を表示しています。
※営利目的のチケットの転売はいかなる場合でも固くお断りします。正規の方法以外でご購入いただいたチケットのトラブルに関して、当実行委員会はいかなる責任も負いません。

(2018/10/29更新)

ページの先頭へ戻る