ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

吉田 秀 (コントラバス) 1986年東京藝術大学音楽学部卒業。芸大フィルハーモニア首席奏者を経て1991年NHK交響楽団に入団。現在首席奏者を務める。室内楽の分野ではオーギュスタン・デュメイ、ピンカス・ズッカーマン、ライナー・キュッヒル、ギドン・クレメル、マリア・ジョアン・ピリス、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、マルタ・アルゲリッチ、カルミナ弦楽四重奏団、ベルリンフィルピアノ四重奏団、ターリッヒ弦楽四重奏団、メロス弦楽四重奏団、▼続きを見るライプツィヒ弦楽四重奏団、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団、モザイクカルテットなどと共演。またオイロスアンサンブル、東京シンフォニエッタ、いずみシンフォニエッタ大阪、紀尾井シンフォニエッタ東京、鎌倉ゾリステンなどのメンバーとしても活動。霧島国際音楽祭、宮崎国際音楽祭などにも参加。東京藝術大学音楽学部准教授、東京音楽大学客員教授、相愛大学音楽学部非常勤講師。 ディッタースドルフ、ヴァンハルのコンチェルトを含むCD「夢」、無伴奏コントラバス曲集「鳥の歌」をリリース。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る