NEWSニュース

お知らせ 2018/07/11

リッカルド・ムーティ 第30回高松宮殿下記念世界文化賞受賞!

本日7月11日、国内外問わず世界の優れた芸術家を顕彰する高松宮殿下記念世界文化賞の第30回受賞者が発表され、その音楽部門にマエストロ リッカルド・ムーティが選ばれました。

高松宮殿下記念世界文化賞は、日本美術協会の創立100周年を記念し1988年に創設、前総裁高松宮殿下の「世界の文化・芸術の普及・向上に広く寄与したい」との遺志にもとづき、絵画、彫刻、建築、音楽、演劇・映像の各分野で世界的に顕著な業績をあげた芸術家に毎年授与されるもの。

授賞式典は、日本美術協会総裁の常陸宮殿下、同妃殿下出席のもと、10月23日に東京・元赤坂の明治記念館で行われます。
maestroSenzaAureola copia.jpg 東京・春・音楽祭では、2019年より3年に亘り、マエストロ リッカルド・ムーティによるイタリア・オペラ・アカデミーを開催することが決定しています。

◎高松宮殿下記念世界文化賞公式サイト(公益財団法人 日本美術協会)
http://www.praemiumimperiale.org/ja/


~関連ニュース~

ニュースINDEXへ戻る

ページの先頭へ戻る