ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2018 -

アーティスト

ペリーヌ・ドゥヴィレール (ソプラノ) ソプラノ歌手のペリーヌ・ドゥヴィレールは、フランス、ルーアンに生まれ、ルーアンのジャンヌ・ダルク高校を卒業した。ルーアン地方音楽院の、主にマスタークラスと声楽アンサンブルクラスで音楽を学ぶ。その後、パリ国立音楽院にてクラリネットのディプロマを取得。現在は、クラリネット教師の国家資格と教育科学の学士過程を修了し、バーゼル・スコラ・カントルムにて▼続きを見るウルリヒ・メシュサラー、アンドレアス・ショル、アントニー・ルーリーのもとで声楽を学んでいる。 フランスとバーゼルにて、ヴァンサン・デュメストル、ベンジャミン・アラール、リネルド・アレッサンドリーニ、アンドレア・マルコン、ラファエル・ピション等の指揮により、ソリストやコーラスメンバーとして出演している。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る