ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2018 -

アーティスト

宇治川朝政 (リコーダー) 桐朋学園大学古楽器科卒業。ハーグ王立音楽院古楽科修士課程修了。カタルーニャ高等音楽院にてリコーダーを専攻。またパリ国立高等音楽院にて室内楽を専攻する。リコーダーを花岡和生、山岡重治、吉澤実、S. マルク、P. メメルスドルフ、J. v. ヴィンガーデンの各氏に師事。小学6年生より全日本リコーダーコンテスト独奏部門7年連続金賞を受賞。第14回古楽コンクール<山梨>最高位受賞。▼続きを見る2005年ブルージュ国際古楽コンクール(ベルギー)第2位受賞。2009年第五回国際テレマンコンクール(ドイツ)第1位と聴衆賞を受賞。2009年アンサンブル部門でブルージュ国際古楽コンクール部門第2位、ファン・ヴァセナールコンクール(オランダ)第3位と聴衆賞を受賞する。演奏活動では、2005年アンブロネ・オペラプロジェクト(W.クリスティー指揮)に参加、ヴェルサイユ宮殿を始めフランス、スペイン各地で公演。2011年ライプ ツィヒ バッハ音楽祭、オランダ古楽ネットワークに招待されコンサートを開催。現在、木の器を中心に国内外の仲間と東京で古楽のコンサートを企画している。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る