ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2018 -

アーティスト

川﨑和憲 (ヴィオラ) 74年東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京藝術大学に入学。在学中の77年には東京フィルハーモニー交響楽団に副首席奏者として入団、また同年の民音コンクール室内楽部門では、1位なしの2位に入賞。78年同大学院に進み、80年同大学院修了後、ベルリンへ留学。翌年帰国しNHK交響楽団入団、84年からは首席奏者をつとめた。05年に退団し東京藝術大学音楽学部の准教授に就任。▼続きを見る83年に「ゼフィルス弦楽四重奏団」を結成、88年から91年のファイナルコンサートまでカザルスホールのレジデンス・クァルテットとして活躍した。03~06年はエレオノーレ弦楽四重奏団、07~09年はプレアデス弦楽四重奏団の一員として活動した。東京藝術大学教授。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る