ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2018 -

アーティスト

オラフ・マニンガー (チェロ) ヤーノシュ・シュタルケルに師事、その後、ボリス・ペルガメンシコフに学ぶ。1994年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に入団、96年に首席チェロ奏者に就任。1997~2002年まで、同団の組合代表を務めた。また02年のベルリン・フィルハーモニー財団の設立以来、委員を務めている。この責任ある立場によって、マニンガーはベルリン・フィルのデジタル・コンサートホール(映像配信サービス)の展開に重要な役割を果たした。▼続きを見る08年以降は、同団メディア部門有限会社代表を務めている。また、「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」のメンバーでもある。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る