ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2018 -

アーティスト

KaZZma (ヴォーカル) 大阪市出身 相愛大学音楽学部声楽学科声楽専攻科卒 幼少より教師である母のもとクラッシック音楽、タンゴ音楽に触れ、 西洋音楽と南米音楽をルーツに持つ アルゼンチン(ブエノスアイレス)へ渡り 歌手カルロス・ガリ(フェデリコ楽団)に師事 現在、小松亮太ユニット、西塔祐三とオルケスタ・ティピカ・パンパ、小松真知子とタンゴクリスタル、鈴木崇朗クワルテート、Mentao等数多くの楽団と活動を共にしている。▼続きを見る また、「小松亮太×KaZZma」デュオ、「KaZZma y sus Guitarristas 」ではギタリストとしても活躍。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る