ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2018 -

アーティスト

エイドリアン・バイアヌ (ピアノ) ミュンヘン生まれ。ミュンヘン音楽・演劇大学でゴットフリート・ヘフェレ、エリック・ヴェルバ、ヘルムート・ドイチュ、ノーマン・シェトラー、ジークフリート・マウザーに師事。また、ミュンヘンとザルツブルクで、音楽学、演劇学、イタリア言語学を学ぶ。 コーチや伴奏ピアニストとして、スーザン・アンソニー、ヴォルフガング・ブレンデル、アルベルト・ドーメン、ヴォルフガング・コッホ、▼続きを見るぺトラ・ラング、レグラ・ミューレマン、ノエミ・ナーデルマン、アンドレアス・シュミット、ファルク・シュトルックマン、ユハ・ウーシタロ、ミヒャエル・フォレ、エディス・ウィーンズ、エレナ・ザレンバ等とともに仕事をする他、バーゼル、ベルリン(コーミッシェ・オーパー)、ベルン、ブリュッセル(モネ劇場)、クラクフ、ジュネーヴ(ジュネーヴ大劇場)、ライプツィヒ(ゲヴァントハウス)、ロンドン(ウィグモア・ホール、セント・ルークス)、モンテカルロ(モンテカルロ歌劇場)、ミュンヘン(プリンツレゲンテン劇場)、サヴォンリンナ(オペラ・フェスティバル)、ストラスブール(オペラ座)、シュトゥットガルト、バレンシア(ソフィア王妃芸術宮殿)、チューリッヒ等でリサイタルを開く。 リリースされているCDには、エンヨット・シュナイダー歌曲集(WERGO/ショット)、フランツ・シュレーカー歌曲集(アルテ・ノヴァ/BMG)、エンゲルベルト・フンパーディンク声楽作品集(EDA)、ハンス・フォン・ビューロー、ブルーノ・ワルター、クレメンス・クラウス等の偉大な指揮者による歌曲作品集(エームス・クラシックス)、ブラームスの「美しきマゲローネ」(ブリリアント・クラシックス)、「民謡スタイルによる歌曲集」(エームス・クラシックス)等が挙げられる。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る