ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2018 -

アーティスト

小川響子 (ヴァイオリン) 奈良県橿原市出身。 第 10 回東京音楽コンクール 弦楽部門第1位、及び聴衆賞を受賞。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2015第1位。デザインK国際コンクール二重奏部門第1位、グランプリを受賞。バンフ国際弦楽四重奏コンクール2016にて、Career Development Awardsを受賞。 これまでに東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、▼続きを見る関西フィルハーモニー管弦楽団をはじめ、オーケストラと多数共演。また、アンネ・ゾフィ・ムター氏、小澤征爾氏、大友直人氏、梅田俊明氏、西本智美氏らとソリストとして共演。 サイトウ・キネン・オーケストラに最年少メンバーとして参加。東京・春・音楽祭、ラフォルジュルネ・オ・ジャポン、セイジ・オザワ・松本フェスティバル、サントリーホール・チェンバーミュージックガーデンなどの音楽祭に参加するなど、ソロ、室内楽、オーケストラをはじめとする様々な分野で積極的に活動している。また、 文化庁派遣事業にて保育園や学校でのアウトリーチ活動も積極的に行っている。 現在、東京藝術大学大学院修士課程在学中。原田幸一郎、漆原朝子、松原勝也、堀正文の各氏に師事。サントリーホール室内楽アカデミー 第3期、第4期フェロー。 2017年度ヤマハ音楽支援制度奨学生。クァルテット奥志賀、レイア・トリオヴァイオリン奏者。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る