ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

藪内俊弥 (バリトン) 東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院修士課程独唱科修了。第12回日仏声楽コンクール第2位。第23回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位。第51回「芸大メサイア」バスソリストでデビュー。その後、『第九』(小林研一郎指揮)、モーツァルト、フォーレ、デュリュフレ等の『レクイエム』、またバッハのカンタータ』、『受難曲』、『ミサ』等のソリストを務める。オペラでは、モーツァルトの作品を中心に活躍。最近では、2011年に、▼続きを見るルーマニア国立コンスタンツァ歌劇場に於いて、『ランメルモールのルチア』エンリーコ役で出演。13年には、再演で再び招聘される。昨年では、中国西安人民劇院、北京人民劇院に於いて『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロールを演じ、好評を博す。二期会会員。日本演奏連盟、日本声楽アカデミー各会員。聖徳大学音楽学部講師。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る