ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

古川仁菜 (ヴァイオリン) 京都市立堀川高校音楽科分校を経て東京藝術大学音楽学部に入学。在学中、アメリカのSouthern Methodist Universityに留学。ヴァイオリンをE.Schmieder、室内楽を岩崎洸の各氏に師事。芸大復学後、モーニングコンサートに出演し、芸大フィルハーモニアと共演。また、カルテットでオーストリアのグラーツ、ドイツのケルンに派遣される。バイロイト青年音楽祭オーケストラではコンサート•ミストレスをつとめる。卒業時に同声会賞受賞。卒業後は、「アンサンブル東風」、▼続きを見る「アンサンブル・インタラクティヴ・トキオ」のメンバーとしてオランダのガウデアムスやワルシャワ現代音楽祭、アジア音楽祭などに招聘される。これまでヴァイオリンを田辺良子、橋本寿子、澤和樹、森悠子の各氏に、室内楽を松原勝也、岡山潔の各氏に師事。「プレシャスカルテット」メンバー。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る