ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

藤井洋子 (クラリネット) 読売日本交響楽団 首席クラリネット奏者(1991年~)。 桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授(2015年~)および桐朋学園大学講師。
●81年桐朋学園大学音楽学部器楽器科在学中に渡仏。フランス国立パリ高等音楽院クラリネット科、室内楽科を1等賞で卒業。
●東京文化会館小ホール(96、2009年)、ウィーンコンチェルトハウス・リサイタルホール(08年)、ハクジュホール(2011、12、14年)でリサイタル。
●読売日本交響楽団とのソロ共演は、▼続きを見るウェーバー《クラリネット協奏曲第1番》(01年)、イベール《3つの断章》(12年)、モーツァルト《シンフォニアコンチェルタンテ》(13年)、シューマン《幻想小曲集》(14年)等。最近では、2017年1月20日、シルヴァン・カンブルラン指揮でウェーバー《クラリネット協奏曲第2番変ホ長調(op.74)》を演奏(よみうり大手町ホール)。
●第1回日本クラリネットコンクール第1位、第2回日本管打楽器コンクール第2位(1位無し)、トゥーロン国際コンクール銀メダル。
●古沢裕治、二宮和子、ギイ・ドウプリュ、ジャック・ランスロの各氏に師事。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る