ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

山崎伸子 (チェロ) 広島生まれ。「子供のための音楽教室」広島分室を経て、桐朋女子高等学校音楽科、同大学音楽学部卒業。齋藤秀雄、レイヌ・フラショー、堤剛、安田謙一郎、藤原真理各氏に師事。 第1回民音室内楽コンクール第1位、第44回日本音楽コンクール・チェロ部門第1位。卒業後、文化庁海外派遣研修員として、2年間ジュネーブでピエール・フルニエに師事。 帰国後は日本国内の主要オーケストラとの共演、リサイタル、室内楽のほか、▼続きを見るサントリーホール・オープニングシリーズでイギリス室内管との共演をはじめ、スイス・ロマンド管や、バンベルク響のソリストに選ばれるなど、活躍を続けている。また、カザルスホール主催のチェロ連続リサイタルでも卓越した音楽性が高く評価された。 さいたまアーツシアター・カルテットの主軸として、ベートーヴェンの弦楽四重奏全曲に取り組むなど、室内楽においても卓越した音楽性を発揮している。マルタ・アルゲリッチ、堀米ゆず子等とサントリーホールにて共演。「見事に自身の歌を聴かせて情感の幅をより豊かに、またふくよかにしてくれた山崎の充実ぶりも驚異的だった。感動と同時に感謝である。」(諸石幸生:音楽の友2005年3月号より) 2007年より10年にわたり津田ホール、浜離宮朝日ホールでチェロ・ソナタ・シリーズを開催し、2017年5月に紀尾井ホールで最終回を迎える。同シリーズ4枚目のCD「チェロ・リサイタル4」(共演:野平一郎)が第49回レコード・アカデミー賞<室内楽曲部門>を受賞。教育者としても精力的に活動を続け、2017年5月からフィリアホール主催で山崎伸子プロデュース「未来に繋ぐ室内楽」と題し、優秀な若手演奏家の紹介と室内楽を共演するシリーズを開催する。 1987年「村松賞」、「グローバル音楽賞第1回奨励賞」、2012年度『東燃ゼネラル音楽賞』(旧:エクソンモービル音楽賞)奨励賞 受賞。 現在、桐朋学園大学特任教授、東京藝術大学名誉教授。 使用楽器はヒエロニムス・アマティ 1641年製。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る