ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

古川展生 (チェロ) 桐朋学園大学卒業。チェロを故・井上頼豊、秋津智承、林峰男の各氏に師事。 1995年第64回日本音楽コンクールチェロ部門第2位入賞。96年、ハンガリーのリスト音楽院に留学。97年第27回マルクノイキルヘン国際コンクール(ドイツ)チェロ部門にてディプロマ賞受賞。98年帰国後、東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任、現在に至る。 2003年第2回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。11年第31回藤堂顕一郎音楽褒賞受賞。13年第31回京都府文化賞受賞。▼続きを見る10年より、桐朋学園大学にて非常勤講師として勤務。 ソリストとしても、ハンガリー/ソルノク市立交響楽団の定期演奏会に招かれるなど、国内外のオーケストラ、著名指揮者との共演多数。また、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも積極的に行うなど、クラシックにとどまらず幅広いフィールドでも目覚ましい活躍を続け、人気、実力ともに各方面から最も注目を集めているチェリストである。 07年には、藤原道山(尺八)、妹尾武(ピアノ)とユニット「KOBUDO -古武道-」を結成。 14年にデビュー15周年を迎え、ソニー・ミュージックダイレクトより「GENTLE SOULS」および「BACH無伴奏チェロ組曲全曲」の記念アルバムを2枚リリースした。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る