ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

小島綾子 (ヴィオラ) 東京藝術大学音楽学部弦楽器科卒業。 同大学大学院在学中にドイツ国立デトモルト音楽大学に留学し、今井信子氏に師事。同大学において、室内楽をヴィルヘルム・シュヌア、カリーネ・ゲオルギアン、ハンス・クラウスの各氏に師事。 これまでにアメリカ、ボストンのタングルウッド音楽祭、フロリダのサラソタ音楽祭、イギリスのオールドバラ音楽祭でのブリテン・ピアーズミュージックフェスティバルなどに招待され参加をする。▼続きを見るまた東京においてはカザルスホール共催のリサイタルを行うほか、NHK-FM「名曲リサイタル」などの番組に出演。デトモルト音楽大学在学中には、北ドイツ放送響(NDR Radiophilharmonie)において、数年間プラクティカントを務める。 1993年にドイツ国立デトモルト音楽大学卒業。その後、同大学のコンツェルトイグザーメン課程に進学し、1995年にドイツ国家演奏家資格を最高位で取得する。同年、オランダのアーンヘム・フィルハーモニー(Het Gerders Orkest)の第2首席奏者として入団し、ロベルト・ベンツィ音楽監督のもとアムステルダムコンサートヘボウ、ロッテルダム、デン・ハーグをはじめオランダ国内のほか、スペインなど、ヨーロッパ各地で演奏を行う。 2000年に東京都交響楽団に入団。現在、東京都交響楽団の活動の一方、ストリングトリオ・アクアとしての活動やヴィオラとピアノのデュオのコンサートに出演している。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る