ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

山宮るり子 (ハープ) 新潟市出身。4歳からアイリッシュハープ、8歳からグランドハープを始める。山田ふたば、山崎祐介、グザヴィエ・ドゥ・メストレの各氏に師事。2007年渡独、ハンブルク国立音楽演劇大学を首席で卒業後、同大学院にてドイツ国家演奏家資格を最優秀の成績にて取得。在学中よりドイツやフランスを中心に演奏活動をスタートさせる。2015年帰国。 2001年東京交響楽団公演(飯森範親指揮)でプロデビュー。2004年第16回日本ハープコンクール・アドバンス部門▼続きを見るにて第3位を受賞。2005年、2014年世界ハープ会議(アイルランド、オーストラリア)にて演奏。2008年UFAM国際コンクール(パリ)室内楽部門にて第1位を受賞。2009年第58回ミュンヘン国際音楽コンクール・ハープ部門にて日本人初の第2位、併せて特別賞を2つ受賞。本選にてバイエルン放送交響楽団と共演。2010年USA国際ハープコンクール入賞。2011年リリー・ラスキーヌ国際ハープコンクール(パリ)にて日本人初の優勝。2013年7月新潟市りゅーとぴあにてソロデビューリサイタル。 国内ではこれまでに東京交響楽団(飯森範親、大友直人指揮)、NHK交響楽団(尾高忠明指揮)、兵庫PAC管弦楽団(ユベール・スダーン指揮)と共演。2014年2月トッパンホールランチタイムコンサートに出演、その演奏がe-onkyo musicより配信された。同年12月紀尾井ホール「明日への扉」出演。2015年10月東京オペラシティ文化財団主催「B→C」出演。「東京・春・音楽祭」「アフィニス夏の音楽祭」「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」など国内の音楽祭に出演。NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FM「クラシック・ノヴァ」「ベストオブクラシック」に出演。ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団首席ハーピストを経て、帰国後はソロ、室内楽を中心に活動。2016年夏、日本アコースティックレコーズよりデビューCD「スパイラル」発売。レコード芸術誌にて特選盤に選ばれるなど好評を博す。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る