ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

長久真実子 (チェンバロ) 東京藝術大学チェンバロ専攻卒業。同大学院修了。安宅賞受賞。チェンバロ・通奏低音を鈴木雅明、アンサンブルを小林道夫の両氏に師事する。通奏低音奏者としてバッハ・コレギウム・ジャパン、神戸市室内合奏団、東京交響楽団、神奈川フィルハーモニーオーケストラなど多くのオーケストラや室内合奏団の演奏会及びCD録音に参加。NHK-FMリサイタル、2013年春川(チュンチョン)古楽フェスティバルに出演。また2014年、および16年、市川海老蔵特別公演に▼続きを見るカウンターテナー歌手アンソニー・ロス・コスタンツォの伴奏等で出演。神奈川県立音楽堂のメサイアでは毎年通奏低音をつとめる。日本チェンバロ協会正会員。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る