ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2016 -

アーティスト

中村翔太郎 (ヴィオラ) 1989年生まれ、兵庫県三田市出身。4歳よりヴァイオリンを始め、2005年東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校入学を機にヴィオラに転向。2010年第15回コンセール・マロニエ21弦楽器部門第1位。「JTが育てるアンサンブルシリーズ」「プロジェクトQ」「藝大室内楽定期」など数々の演奏会に出演。学内において同声会賞、アカンサス音楽賞、三菱地所賞受賞。平成23年度優秀学生顕彰優秀賞受賞。東京ジュニアオーケストラソサエティ講師。▼続きを見る藝大同期による弦楽合奏団"TGS"代表。ヴィオラを百武由紀、川崎和憲の各氏に師事。東京藝術大学卒業、2014年6月1日よりNHK交響楽団団員。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る