ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2016 -

アーティスト

中村恵美 (チェンバロ) 11歳よりチェンバロを始める。16歳でポーランドのクラコフ放送交響楽団と共演。1998年、東京都都立芸術高等学校音楽科(ピアノ専攻)を卒業後、渡仏。2000年パリ市立高等音楽院チェンバロ科を卒業後、 04年パリ国立高等音楽院チェンバロ科にてディプロムを取得し卒業。02年パリ国立高等音楽院の交換留学制度でアムステルダム音楽院に3ヵ月留学。02年イタリア・シエナ、キジアーナ音楽院夏期マスタークラスにてディプロム取得。▼続きを見るチェンバロ独奏を加久間朋子、梶山希代、川合由美子、渡邊順生、ノエル・スピート、クリストフ・ルセ、ピエール・アンタイ、オリヴィエ・ボーモン、ケティル・ハウグザンド、メーノ・ファン・デルフトの各氏に師事。また、通奏低音および室内楽をノエル・スピート、ブランディンヌ・ラヌー、ケネス・ヴァイス、ジョン・チュベリ他の各氏に師事。フランスを中心に、シャン・シュール・マルヌ城やパリ・ブローニュの森バガテル主催のリサイタルの他、通奏低音奏者としてはマサ・モンターニュ音楽祭、ベルタン・ポワレ・フェスティバル等に出演している。04年に帰国後、東京にてデビューリサイタルを行ない、その後はソロ、アンサンブル、二台チェンバロデュオを企画から演奏まで行なっているほか、通奏低音奏者として多数のアーティストと共演している。ソロCD「デュフリ作品集」レコード芸術準特選盤、朝日新聞推薦盤。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る