ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2016 -

アーティスト

日髙 剛 (ホルン) 長崎大学経済学部を卒業後、東京藝術大学にてホルンを学ぶ。1996年よりオランダ・マーストリヒト音楽院に留学。ホルンをE.ペンツェル、W.サンダース、守山光三、山田眞、 田原泰徳の各氏に師事。 帰国後、2000年広島交響楽団に入団。その後、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団を経て、2005年NHK交響楽団入団。2008−2013年まで同団ホルン奏者を務めた。 ホルンアンサンブル「つの笛集団」、The Horn Quartet メンバー。 現在、邦楽器と▼続きを見るホルンの共演や、音楽と美術のコラボレーションを試みるなど、多彩な演奏活動を展開するとともに、全国各地でワークショップを行うなど、後進の育成にも力を注いでいるホルン奏者である。 2013年4月より東京藝術大学准教授。 洗足学園音楽大学客員教授、国立音楽大学非常勤講師も務める 2012年フォンテック社よりソロCD「Variation for Horn」、 2015年カメラータ・トウキョウよりソロCD「HORIZON」(レコード芸術特選盤) 2013年ビットマップ社よりEtude CD ホルン「コップラッシュ60の練習曲」 「ベローリ8つの練習曲」をリリース。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る