ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2016 -

アーティスト

有希 マヌエラ・ヤンケ (ヴァイオリン) 2007年チャイコフスキー国際コンクール第3位、サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクール優勝の栄冠を勝ち得たヴァイオリニスト、有希 マヌエラ・ヤンケは、1986年ミュンヘンでドイツ人の父と日本人の母の音楽家一家に生まれ、3歳でヴァイオリンを始めた。幼少時よりその才能を発揮し、9歳でオーケストラ・デビュー。数々のコンクールで優勝したのち、2004年には、イタリアのジェノヴァで行なわれたパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで最高位▼続きを見る(1位なしの2位)を受賞し、国際的なソリストおよび室内楽奏者としてのキャリアをスタートさせた。これまでにベルリン放送交響楽団、ケルンWDR交響楽団など、ヨーロッパの数多くのオーケストラと共演、日本においてもNHK交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団ほか、各地のオーケストラから招かれている。また、ドイツ各地をはじめ、世界の主要都市でリサイタルやコンサートを開催しているほか、多くの音楽祭に参加している。12年8月から2年間ドレスデン・シュターツカペレのコンサートマスターを務めたほか、ベルリン国立歌劇場、ライプツィヒ・ゲヴァントハウスなどのゲスト・コンサートマスターにも招かれている。これまでに、ザルツブルク・モーツァルテウムにおいて、イゴール・オジム教授のもとで研鑽を積む。日本音楽財団から貸与されているストラディヴァリウス1736年製ヴァイオリン『ムンツ』を使用している。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る