ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2016 -

アーティスト

パスカル・ガロワ (ファゴット) フランス生まれ。ソリストとして、アンサンブルのメンバーとして、パリ高等音楽院などの講師として、また、指揮者としても、情熱を持ち多才に活躍している。パリ音楽院でモーリス・アラールに師事し、満場一致の一等賞をとる。1981年、ブーレーズに招かれアンサンブル・アンテルコンタンポランのメンバーとなる。ベリオの《セクエンツァⅩⅡ》やブーレーズ《二重の影の対話》、シュトックハウゼン、細川俊夫ら数えきれないほどの現代作曲家の新作を▼続きを見る世界初演している超絶的なバスーン(ファゴット)奏者。その中にはガロワへ献呈された作品も数多い。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る