Map & Access会場案内

会場案内


東京文化会館 Tokyo Bunka Kaikan

03-3828-2111
JR上野駅 公園口より徒歩1分
1961(昭和36)年4月の開館以来、数多くのオペラ、バレエ、クラシックコンサートが行われています。建物は前川國男設計によ る代表的なモダニズム建築であり、「音楽の殿堂」として親しまれています。
大ホール:2,303席
小ホール:649席
東京文化会館
東京文化会館

©青柳 聡

東京藝術大学 奏楽堂(大学構内) Sogakudo Concert Hall, Tokyo University of the Arts

JR上野駅 公園口より徒歩10分
東京メトロ千代田線 根津駅より徒歩10分
1998(平成10)年、移設された旧奏楽堂の跡地に、コンサートホールとして新しく建設。ホール全体が一つの優れた楽器として考えられ、多様な使用目的に対応した音響空間になっています。フランスのガルニエ製オルガンが設置され、学内外の音楽家によるオーケストラ、オペラ、合唱、邦楽、室内楽等が催されています。
1100席
東京藝術大学 奏楽堂
東京藝術大学 奏楽堂

上野学園 石橋メモリアルホール Ishibashi Memorial Hall, Ueno Gakuen

JR上野駅 入谷口より徒歩8分
上野学園(明治37年創立)の講堂として1974(昭和49)年に誕生した旧石橋メモリアルホールが、 2010(平成22 )年に「上 野学園 石橋メモリアルホール」としてリニューアルオープン。座席数は508席。定評のあった旧ホールの音響はさらに進化し、新世代に続く音響空間が実現しました。音響設計は株式会社永田音響設計事務所が担当。
508席
石橋メモリアルホール

©大窪道治

石橋メモリアルホール

©田中宏明

国立科学博物館 National Museum of Nature and Science

03-5777-8600(ハローダイヤル)
JR上野駅 公園口より徒歩5分
1877(明治10)年創立、日本最大級の総合科学博物館です。「人類と自然の共存をめざして」を総合展示テーマとし、恐竜の化石や大型動物の剥製など自然史の標本や、日本の科学技術に関する資料などを幅広く展示しています。日本館は重要文化財に指定されていて、ネオルネッサンス様式を基調とした重厚な建物や、柔らかい光が差し込むステンドグラスも見どころです。
日本館講堂:160席
国立科学博物館
国立科学博物館

©青柳 聡

展覧会情報
特別展 「人体-神秘への挑戦-」

会期:3月13日[火]~ 6月17日[日]

休館日:月曜日(ただし、3月26日[月]、4月2日[月]・30日[月]、6月11日[月]は開館)

会場:国立科学博物館

主催:国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社

お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)


※開館時間・観覧料は、公式サイトにて後日発表

東京国立博物館 Tokyo National Museum

03-5777-8600(ハローダイヤル)
JR上野駅 公園口より徒歩10分
1872(明治5)年創設、総合博物館として日本を中心に広く東洋諸地域の文化財を収集・保管・展示している。収蔵品の数は11万件を超え、構内には本館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館、表慶館、黒田記念館の6つの展示館がある。教育普及事業など親しみやすく多岐にわたる事業で、世界中の人々に愛されています。
平成館ラウンジ:250席
法隆寺宝物館エントランスホール:120席
東京国立博物館

©大窪道治

東京国立博物館

©青柳 聡

重要文化財
《四季山水図(夏)》
雪舟等楊筆
室町時代・15世紀
東京国立博物館蔵

展覧会情報
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年
特別展 「名作誕生 ― つながる日本美術」

会期:4月13日[金]~ 5月27日[日]

休館日:月曜日(ただし、月曜日が祝日または休日の場合は開館し、翌平日に休館。ゴールデンウィーク期間は原則として無休)

開館時間:9:30~ 17:00(金曜日、土曜日は21:00まで、 日曜日と祝・休日は18:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

会場:東京国立博物館 平成館

観覧料:一般¥1,600 大学生¥1,200 高校生¥900
※中学生以下、ならびに障がい者手帳などをお持ちの方とその介護者1名は無料

主催:東京国立博物館、國華社、朝日新聞社、テレビ朝日、BS朝日

お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

東京都美術館 Tokyo Metropolitan Art Museum

03-3823-6921(代表)
JR上野駅 公園口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線 上野駅7番出口より徒歩10分
京成電鉄 京成上野駅より徒歩10分
1926(大正15)年、日本初の公立美術館として開館。国内外の名品を楽しめる特別展や企画展、公募展など、多くの展覧会を開催するほか、アート・コミュニケーション事業など、「アートへの入口」としてさまざまな事業を展開し、「心のゆたかさの拠り所」となる美術館を目指しています。
講堂:225席
東京都美術館

©ヒダキトモコ

展覧会情報
ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

会期:1月23日[火]~ 4月1日[日]

休室日:月曜日、2月13日[火](ただし、2月12日[月]は開室)

開室時間:9:30~ 17:30(金曜日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

会場:東京都美術館 企画展示室

観覧料:一般¥1,600 大学生・専門学校生¥1,300 高校生¥800 65歳以上¥1,000
※中学生以下、ならびに身体障害者手帳等をお持ちの方とその付添いの方1名は無料

主催:東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、日本テレビ放送網、読売新聞社、BS日テレ

お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

クロード・モネ《草上の昼食》
1866年
「バベルの塔」1568年頃
©The Pushkin State Museum
of Fine Arts, Moscow

展覧会情報
プーシキン美術館展 ― 旅するフランス風景画

会期:4月14日[土]~ 7月8日[日]

休室日:月曜日(ただし、4月30日[月]は開室)

開室時間:9:30~ 17:30(金曜日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

会場:東京都美術館 企画展示室

観覧料:一般¥1,600 大学生・専門学校生¥1,300 高校生¥800 65歳以上¥1,000
※中学生以下、ならびに身体障害者手帳等をお持ちの方とその付添いの方1名は無料

主催:東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、テレビ朝日、BS朝日、プーシキン美術館、ロシア連邦文化省

お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

国立西洋美術館 The National Museum of Western Art

03-5777-8600(ハローダイヤル)
JR上野駅 公園口より徒歩1分
1959(昭和34)年6月、日仏間の国交回復・関係改善の象徴として、ル・コルビュジエの設計により開館。フラ ンス政府から寄贈返還された松方コレクションを基にした、中世末期から20世紀初頭までの作品による常設展に加え、企画展も充実の国立美術館です。2016(平成28)年7月、国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」が、世界遺産に登録されました。
講堂:130席
国立西洋美術館

©国立西洋美術館

ディエゴ・ベラスケス
《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》
1635年頃
マドリード、プラド美術館蔵
©Museo Nacional del Prado

展覧会情報
プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

会期:2月24日[土]~ 5月27日[日]

休館日:月曜日(ただし、3月26日[月]、4月30日[月]は開館)

開館時間:9:30~ 17:30(金曜日、土曜日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

観覧料:一般¥1,600 大学生¥1,200 高校生¥800
※中学生以下、ならびに心身に障害のある方とその付添者1名は無料
(入館の際に障害者手帳をご提示ください)

主催:国立西洋美術館、プラド美術館、読売新聞社、日本テレビ放送網、BS日テレ

お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

上野の森美術館 The Ueno Royal Museum

JR上野駅 公園口より徒歩3分
上野公園内にある私立の美術館で、日本美術協会の美術展示館を整備し、1972(昭和47)年に開館しました。以来、所蔵品の公開のほか東京・春・音楽祭のミュージアム・コンサートでもおなじみの「VOCA展」をはじめ、話題となる展覧会を開催しています。
展示室:120席
上野の森美術館
展覧会情報
現代美術の展望―新しい平面の作家たち VOCA展2018

会期:3月11日[土]~ 3月30日[木](会期中無休)

開館時間:10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで

観覧料:一般・大学生¥600 高校生以下は無料
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

主催:VOCA展実行委員会、公益財団法人日本美術協会 上野の森美術館

お問合せ:03-3833-4191

東京キネマ倶楽部

03-3874-7988
JR鶯谷駅 南口より徒歩2分
東京メトロ日比谷線
入谷駅2番出口より徒歩5分
昭和30年代に、大人の社交場として流行したグランドキャバレーが内装と音響・照明設備をそのまま活かし、 多目的ホールとして生まれ変わりました。大正ロマンのオペラハウスを再現した「洋館」的雰囲気の空間は、国内外を問わず、 様々なジャンルのアーティストに利用されています。
東京キネマ倶楽部

※ 展覧会情報は、今後の諸情勢により、本ページに掲載の開館日・開館時間等について変更する場合がありますので、各公式サイト等でご確認ください。

ページの先頭へ戻る