ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2018 -

アーティスト

杉山由紀 (メゾ・ソプラノ) 武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。同大学卒業演奏会、同大学院修士課程新人演奏会、第78回読売新聞社主催新人演奏会、レインボウ21 サントリーホールデビューコンサート2009に出演。バーバラ・ボニー声楽公開レッスン受講。二期会オペラ研修所第56期マスタークラス修了時に最優秀賞並びに川崎静子賞、所長賞受賞。15年ウィーン夏期国際音楽ゼミナールにてヴィクトリア・ルキアネッツ氏のクラスを受講▼続きを見る・選抜者によるコンクールにて第3位受賞、ディプロマ取得。 第63回全日本学生音楽コンクール全国大会大学・一般の部第1位及び横浜市民賞、音楽奨励賞、日本放送協会賞、ANA副賞、第9回藤沢オペラコンクール奨励賞、第25回友愛ドイツ歌曲コンクール第3位及び日本歌曲賞、第29回ソレイユ音楽コンクール第3位、第11回全国「叱られて」歌唱コンクール一般の部優秀賞、(財)練馬区文化振興協会主催第25回新人演奏会オーディション声楽部門最優秀賞受賞。 15年、アトリオン音楽ホールコンサート・オペラ《ヘンゼルとグレーテル》ヘンゼルでオペラデビュー。同年、二期会ニューウェーブ・オペラ《ジューリオ・チェーザレ》でタイトルロールを演じて高い評価を受け、16年にも歌劇者主催《ドン・ジョヴァンニ》ドンナ・エルヴィラ、二期会《ナクソス島のアリアドネ》作曲家を好演する活躍を見せている。 コンサートにおいても、ペルゴレージ《スターバト・マーテル》、モーツァルト《レクイエム》、ベートーヴェン《第九》等のソリストとして活躍。また第81回都市対抗野球大会開会式国歌独唱を務めた他、16年 ジョイ・バレエストゥーディオ主催《プラテ...ジュノンの嫉妬》ジュノンに出演。 二期会会員▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る