ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2018 -

アーティスト

狩野賢一 (バス・バリトン) 国立音楽大学卒業、同大学院修了。修了時に声楽専攻の最優秀賞を受賞。卒業時に卒業演奏会、修了時に新人演奏会出演の他、レインボウ21 サントリーホールデビューコンサート、国立音楽大学シューベルトシリーズ、同大学レクチャーコンサート《ドン・ジョヴァンニ》(大野和士指揮、騎士長役)、群馬県同調会新人演奏会等に出演。 09年度国立音楽大学大学院オペラ公演《ドン・ジョヴァンニ》レポレッロでオペラデビュー。▼続きを見る以後、モンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》セネカ、《フィガロの結婚》バルトロ、アントニオ、《ドン・ジョヴァンニ》騎士長、《魔笛》ザラストロ、《椿姫》医師グランヴィル、《ジャンニ・スキッキ》ベット、メノッティ《アマールと夜の訪問者達》バルタザール等を演ずる。 12年には小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト《蝶々夫人》役人、同特別演奏会《蝶々夫人》ボンゾ、文化庁委託事業人材育成オペラ《魔笛》ザラストロ、二期会ニューウェーブ・オペラ《スぺイン時間》ドン・イニーゴ・ゴメス、二期会《パルジファル》聖杯騎士、群馬オペラ協会《ボエーム》コッリーネ等に出演して好評を博し、以後も13年東京・春・音楽祭《ニュルンベルクのマイスタージンガー》ハンス・フォルツ、二期会《ホフマン物語》ルーテル、新宿区民オペラ《ドン・カルロ》フィリッポII世、日生劇場《フィデリオ》囚人II、14年日生劇場《アイナダマール》教師、15年二期会《魔笛》僧侶Ⅰ等に出演する活躍を見せている。 コンサートにおいては、バッハ「マニフィカト」、「マタイ受難曲」、モーツァルト「雀のミサ」、「戴冠ミサ」、「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」、ラインベルガー「レクイエム」、ドヴォルザーク「スターバト・マーテル」、フォーレ「レクイエム」等のソリストを務める。 今後は17年10月二期会《ばらの騎士》(愛知公演)オックス男爵、11月藤沢市民オペラ《トスカ》看守、シャルローネ、18年3月二期会《ノルマ》オロヴェーゾに出演予定。 二期会会員▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る