ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

田尾下 哲 (その他) 1972年兵庫生まれ、横浜育ち。第20回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。 ドイツ人演出家ミヒャエル・ハンペに西洋演劇、演出を学ぶ。2000年から演出家として活動。03年から09年まで新国立劇場に所属し、オペラ・チーフ演出スタッフを務めた。 09年、チューリヒ歌劇場《カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師》で、共同演出・振付を担当しヨーロッパデビュー。 近年の演出代表作は、オペラでは日生劇場《後宮からの逃走》、神奈川県民ホール《金閣寺》、▼続きを見る二期会《カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師》、びわ湖ホール《リゴレット》、あいちトリエンナーレ《蝶々夫人》、台本・演出として、一柳慧新作《ハーメルンの笛吹き男》、新国立劇場《スペース・トゥーランドット》、《フラディアヴォロ》がある。ミュージカルではホリプロ《天才執事ジーヴス》、《ボニー&クライド》、東宝《ソングス・フォー・ア・ニュー・ワールド》、フジTV《プロミセス・プロミセス》、リリック《ザ・クラブ》、日生劇場《三銃士》など、芝居では《王女メディア》、《プライヴェート・リハーサル》、《ベアトリーチェ・チェンチの肖像》など多数。 今後もオペラ、ミュージカル、芝居の演出が控えている。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る