ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

クリスティアーネ・リボール (ソプラノ) ベルリンに生まれ、ピアノと声楽を学ぶ。1996年まで、ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンでアンネリーゼ・フリートに師事。97年4月から演奏家課程に進み、99年2月に優秀な成績で修了した。 97年、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウとユリア・ヴァラディの歌曲演奏のクラスを受講。さらにエディト・マティス、ハンス・ホッター、ペーター・シュライアー、ヨーゼフ・プロチュカのマスター・クラスも受講した。▼続きを見る98年ベルリン芸術アカデミーのO.E.ハッセ賞を受賞し、99年にはザルツブルクの第7回モーツァルト国際コンクールで入賞。 1999年、《魔笛》侍女1にてエンスヘーデのオランダ国立レイスオペラに出演。2003年にも、《魔弾の射手》アガーテで同劇場に出演している。 1999年12月、ハンブルク国立歌劇場に《魔笛》侍女1で出演、またジョン・ノイマイヤー振付のヘンデル《メサイア》ではソプラノ・ソロを務めた。 2003/04シーズンは、ハンブルク国立歌劇場で《ばらの騎士》元帥夫人、ハノーファー国立歌劇場とドレスデン・ゼンパー・オーパーで《こうもり》ロリザンデを務め、05年には、ベルリン国立歌劇場とハンブルク国立歌劇場で《フィデリオ》レオノーレ、また《カルメル派修道女の対話》に出演。05/06シーズンは、初めて《さまよえるオランダ人》ゼンタ、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》エファ、《ドン・ジョヴァンニ》ドンナ・アンナを演じる。06/07シーズンには、ベルリン・ドイツ・オペラ(《フィデリオ》レオノーレ)、ニュルンベルク(《ばらの騎士》元帥夫人、《さまよえるオランダ人》ゼンタ)、インスブルック(《魔弾の射手》アガーテ)、グラーツ(《さまよえるオランダ人》ゼンタ、《エヴァンゲリマン》)、ベルリン・コーミッシェ・オーパー(《魔弾の射手》)、チューリッヒ(《フィデリオ》レオノーレ)、ウィーン・フォルクスオーパー、チューリッヒ歌劇場(《フィデリオ》レオノーレ)、ドレスデン・ゼンパー・オーパー(ドンナ・アンナ)等に出演した。 07/08シーズンは、グラーツ歌劇場で《タンホイザー》エリーザベトとヴェーヌスを初めて演じた。08年3月には、ニューヨークでクルト・マズア指揮のもとニューヨーク・フィルハーモックと共演。 09年、パリ・シャトレ座にてマルク・ミンコフスキ指揮のもとワーグナー《妖精》の妖精アーダを演じる。同年秋には、デイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団で《ワルキューレ》ジークリンデを演じた。 09/10シーズンは、《ナクソス島のアリアドネ》アリアドネでストラスブールの国立歌劇場に出演。10年秋にはバード・フェスティバル(USA)にてアメリカ交響楽団と共演した(ベルク、ヒンデミット、フランツ・シュミット)。 10/11シーズンは、《オイリアンテ》オイリアンテとエグランティーネをカールスルーエの国立歌劇場で初めて演じた。またこのシーズンには《トリスタンとイゾルデ》イゾルデで大きな成功を収め、バリのオペラ・バスティーユでは《神々の黄昏》グートルーネを演じた。12年には、チューリッヒ歌劇場でシュトラウス《ばらの騎士》元帥夫人、フランクフルトの旧オペラ座でセバスティアン・ヴァイグレ指揮のもとワーグナー初期の歌劇《恋愛禁制》でイザベラを演じた他、秋にはシアトル・オペラで《さまよえるオランダ人》ゼンタに出演した。13年は、ライプツィヒ歌劇場でワーグナーの歌劇《妖精》《ニュルンベルクのマイスタージンガー》《恋愛禁制》に出演。夏には、バイロイト音楽祭でまた《恋愛禁制》イザベラ、フランクフルトの旧オペラ座でヴァイグレ指揮のもとワーグナー《リエンツィ》イレーネを演じた。 13/14シーズンは、シュトゥットガルト歌劇場にて《ジークフリート》ブリュンヒルデを初めて演じ、またドレスデン・ゼンパー・オーパー、ワシントンとシアトルのオペラハウスに客演、さらにザルツブルク音楽祭でインゴ・メッツマッハー指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と共演した。 14/15シーズンには、ライプツィヒ歌劇場、シュトゥットガルト歌劇場、ドレスデン・ゼンパー・オーパーに客演。 15/16シーズンは、マルク・ミンコフスキ指揮hr交響楽団、アントニ・ヴィト指揮マドリード交響楽団と共演、またドレスデン・ゼンパー・オーパー、ライプツィヒ歌劇場(『ニーベルングの指環』ブリュンヒルデ)、ウィーン芸術週間でマルク・ミンコフスキ指揮《フィデリオ》レオノーレ、ニュージーランドでエド・デ・ワールト指揮ニュージーランド交響楽団とのコンサートに出演。 今後の予定としては、シュトゥットガルト歌劇場で《さまよえるオランダ人》ゼンタ、ライプツィヒ歌劇場で《神々の黄昏》ブリュンヒルデ、バイエルン国立劇場での《トリスタンとイゾルデ》イゾルデ等がある。 オペラ出演の他に、インゴ・メッツマッハー、イェルク・フェルバー、クルト・マズア、マルク・ミンコフスキ、ミハエル・シェンヴァント、ヘルムート・リリング、トン・コープマン、フィリップ・ジョルダン、フリーダー・ベルニウス、デイヴィッド・ジンマン、マルクス・シュテンツ、クリストフ・ペリック、セバスティアン・ヴァイグレ、ウルフ・シルマー、シモーネ・ヤング、アントニ・ヴィト、ヤープ・ファン・ズヴェーデンといった指揮者のもと、ヨーロッパの主要なオーケストラと共演している。また、フェルトキルヒのシューベルティアーデや、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンのリヒャルト・シュトラウス音楽祭、アハベルク、バード(USA)等の音楽祭に頻繁に客演し、05年夏のロンドンにおけるBBCプロムスでは大成功を収めた。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る