ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017 -

アーティスト

アイン・アンガー (バス) 現在まぎれもなく第一線で活躍しているエストニア出身のアイン・アンガーは、ドイツ語、イタリア語、ロシア語の主要な役を含め、世界中から出演を請われている。ウィーンを拠点とし、ウィーン国立歌劇場では40以上の役を演じてきた。 今シーズンは、ベルリン・ドイツ・オペラにてキリル・カラビッツ指揮《ボリス・ゴドゥノフ》、ヨハネス・デブスが音楽監督を務めるカナダ・オペラ・アカデミーにてティム・アルベリー演出《神々の黄昏》に、▼続きを見るそれぞれ初役で出演する。その他、ドレスデン・ゼンパー・オーパーにてクリスティアン・ティーレマン指揮《ラインの黄金》ファーフナー、ウィーン国立歌劇場にてアダム・フィッシャー指揮《ワルキューレ》フンディングに出演、その後どちらも日本へのツアーを行う。 コンサートでは、マーラー《交響曲第8番》を、パーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団、ミヒャエル・ザンデルリンク指揮ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団と共演。また《グラゴル・ミサ》を、ユッカ=ペッカ・サラステ指揮オスロ・フィルハーモニー管弦楽団と共演している。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る