ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2016 -

アーティスト

中村裕美 (メゾ・ソプラノ) 武蔵野音楽大学卒業。同大学院修了。 オペラ《フィガロの結婚》ケルビーノ、《こうもり》オルロフスキー、文化庁新人育成・日本オペラ団体連盟主催《ヘンゼルとグレーテル》魔女、二期会《ジュリアス・シーザー》プトレマイオス(トロメーオ)、新国立劇場《ポッペアの戴冠》ヴァレット、東京室内歌劇場公演リゲティ《ル・グラン・マカーブル》アマンド、《マノンの肖像》モルセール子爵ジャン、等に出演。第22回国民文化祭とくしま▼続きを見るグランドフィナーレにて岩田達宗台本・演出、三木稔作曲《幸せのパゴダ》作曲家役で出演。韓国国立劇場にて第10回国際室内オペラフェスティバルに出演。 '13年オッフェンバック《市場のかみさんたち》クルトポ(飯塚励生演出)、《ヘンゼルとグレーテル》ヘンゼル、'14年ヘンデル・フェスティバル・ジャパン《サウル》ダヴィデ、'15年《子供と魔法》ママ・白猫(飯塚励生演出)の2役にて出演。 '05年《ジュリアス・シーザー》での共演をきっかけに、鈴木雅明氏率いるバッハ・コレギウム・ジャパン声楽メンバーとしても演奏・録音に参加している。 二期会会員。東京室内歌劇場会員。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る