ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2016 -

アーティスト

コハーン・イシュトヴァーン (クラリネット) ハンガリー出身のコハーン・イシュトヴァーンは世界でも数少ないクラリネットソリストの一人。1990年ブダペストにて音楽一家のもとに生まれ、弱冠9歳で舞台デビュー、12歳でバルトーク音楽院英才教育コースに入学した。J.リヒテルクラリネットコンクール(ハンガリー)第1位、カルリーノ国際音楽コンクール(イタリア)第1位、アントンエベルスト国際クラリネットコンクール(セルビア)第1位、ICA国際クラリネットコンクール史上最年少第1位など、▼続きを見る国内外計16の国際コンクール・18部門で優勝・入賞する快挙を成し遂げる。ハンガリー国立リスト音楽院卒業後の2013年7月に活動拠点を日本に移した。第11回東京音楽コンクール木管部門第1位及び聴衆賞受賞。第4回秋吉台音楽コンクール第1位及び山口県知事賞(グランプリ)を受賞。第26回日本木管コンクール第1位及びコスモス賞(聴衆賞)、兵庫県知事賞、朝日新聞社賞、神戸新聞賞受賞。第84回日本音楽コンクール第1位及び岩谷賞(聴衆賞)受賞。ハンガリーの若手芸術の分野で最も権威のある賞「ジュニア・プリマ・アワード」2013年度受賞。現在、特別特待奨学生として東京音楽大学大学院において研鑽に励んでいる。これまでに新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、紀尾井シンフォニエッタ東京とコンチェルトを協演、またソロリサイタルや室内楽の活動を展開する他、2014年からは作曲家としても活動の幅を広げる。▲プロフィールを閉じる

出演公演

ページの先頭へ戻る