ARTISTアーティスト

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2016 -

アーティスト

望月太喜之丞 (能楽) 邦楽打楽器演奏家。小鼓、太鼓等、日本の伝統的な打楽器の演奏を専門とし、古典から現代音楽まで広範囲に活動を続けている。また豊富な海外渡航経験による国際交流や、後進の育成にも力を入れており、民族音楽としての邦楽と邦楽打楽器の可能性を追及している。

出演公演

ページの先頭へ戻る